25. 『世界樹の素描』 吉岡太朗

amazonbtn

 

四六判変形/並製/144ページ 
本体1900円+税  
ISBN978-4-86385-354-6    C0092

装画:重藤裕子  装幀:宮島亜紀

 

 

 

くちばしがとどかん場所に
さしてある青菜みたいに
ことばはとおい

ユーモアとペーソス
そして静かな怒り
歌は枝から
滴り落ちる雫となって
掌に降りつもる

 

【5首選】
君の見る夢んなかにもわしはいてブルーベル咲く森をゆく傘
だれひとり殺さずだれにも殺されず生き抜くことができますように
にんげんが塔婆のように立っとってことばときもちしかつうじひん
ほかの世に袖擦り合うもかわたれのおなじ花にて渇きゆく露
こぼれゆく 君の非侵襲的陽圧換気(NPPV)のマスクから空気漏れ 時の砂

 

著者プロフィール
吉岡太朗(よしおか・たろう)

1986年、石川県小松市に生まれる。2002年、J・R・R・トールキン「ニグルの木の葉」を読み、創作を志す。2005年、井辻朱美に触発され、短歌をはじめる。2007年、3 0首連作「六千万個の風鈴」にて第50回短歌研究新人賞を受賞。2014年、第一歌集『ひだりききの機械』(短歌研究社)を刊行。


【現代歌人シリーズラインナップ】