6. 『暮れてゆくバッハ』 岡井 隆

暮れてゆくバッハ

amazonbtn

四六判変形、並製、176ページ(うちカラー16ページ)
定価:本体2,200円+税
ISBN978-4-86385-192-4 C0092
装幀 毛利一枝
帯装画 ADOLPHE WILLIAM BOUGUEREAU A Soul Brought to Heaven; 1878

言の葉の上を這ひずり回るとも一語さへ蝶に化けぬ今宵は

この本は、一見すると、きはめて形而下的な契機によつて成立したやうに見える。しかし、詩歌といふのは、さういふ形而下的な動機を超えて動くものだ。
作者は、それまで長く続けて来たいくつかの仕事を辞めた。そのためもあつて、詩や歌をつくる悦びを覚えるやうになつた。どうやらその流れが、この本の底のところで、ささやかな響きを立ててゐるやうに作者は思つてゐるのだが、錯覚であらうか。
(著者あとがきより)

 

岡井 隆(おかい・たかし)

1928年名古屋市生まれ。1945年17歳で短歌を始める。翌1946年「アララギ」入会。1951年現在編集・発行人をつとめる歌誌「未来」創刊に加はる。慶應義塾大学医学部卒。内科医。医学博士。83年歌集『禁忌と好色』により迢空賞受賞。2010年詩集『注解する者』により高見順賞を受賞。『『赤光』の生誕』など評論集多数。1993年より宮中歌会始選者を21年間つとめた。2007年から宮内庁御用掛。日本藝術院会員。

 

【現代歌人シリーズラインナップ】