新鋭短歌

新鋭短歌シリーズスタート

惟任將彥

西村曜

九螺ささら

前世ではいくさで死に別れたらしく目が合ったまま外せない二人

九螺ささら 2018.09.27

くら・ささら / 神奈川県生まれ。
青山学院大学文学部英米文学科卒業。
2009年春より独学で短歌を作り始める。2010年、短歌研究新人賞次席。2014年より新聞歌壇への投稿を始める。2018年6月に初の著書『神様の住所』(朝日出版社)を上梓。
座右の銘は「できるようになる唯一の方法は始めること」

新鋭短歌シリーズ40

ゆめのほとり鳥

どうしてこんなことを思いつけるのだろう。

驚嘆しつつ、圧倒されつつ、混乱しながら納得してしまう。
そこに真実が宿っている気がしてならない。

東直子

四六判/並製/144ページ 定価:本体1700円+税
ISBN978-4-86385-327-0

ラインナップ