新鋭短歌

新鋭短歌シリーズスタート

鈴木美紀子

尼崎 武

國森晴野

菜の花の灯る岸辺にきみを呼ぶ 深夜、しずかなタイムラインである

嶋田さくらこ 2014.01.24

しまだ さくらこ
1975年滋賀県生まれ。95年京都府立大学女子短期大学部国語科卒業。ファッションアドバイザーとしてアパレル会社勤務後、家業の洋品店を継ぐ。2005年に洋品店を廃業し、新聞販売店へ転業。10年1月に作歌を始める。11年9月から「短歌なzine うたつかい」を企画し、編集長として9名の編集部員とともに発行している。
短歌なzine うたつかい

新鋭短歌シリーズ12

やさしいぴあの

恋の歌は止まらない。

明るく無邪気な顔、ちょっぴり切ない顔。
表情豊かな歌たちが、恋する日々を語る。

加藤治郎(解説より)

四六判/並製/144ページ 定価:本体1700円+税
ISBN978-4-86385-134-4

ラインナップ