新鋭短歌

新鋭短歌シリーズスタート

鈴木美紀子

尼崎 武

國森晴野

群れるときわたしは消える図書館の深くに史書の眠るみたいに

田中ましろ 2013.11.30

たなか・ましろ
1980年生まれ。大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻修了。コピーライター、CMプランナー。2009年、短歌を始める。「夜はぷちぷちケータイ短歌」への投稿や、「短歌サミット2009」、「名短」など短歌イベントの企画・運営協力を経て、2010年、短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」を創刊。短歌を広める活動に力を入れている。2012年、連作『告げられる冬』で短歌研究新人賞候補作に。2013年、「短歌男子」企画・制作。「かばん」所属。
うたらば:http://www.utalover.com/

新鋭短歌シリーズ8

かたすみさがし

しなやかな抒情

世界の片隅で様々な工夫をこらしながら新たな挑戦を続けていくことだろう。

東 直子(解説より)

四六判/並製/144ページ 定価:本体1700円+税
ISBN978-4-86385-126-9

ラインナップ