新鋭短歌

新鋭短歌シリーズスタート

鈴木美紀子

尼崎 武

國森晴野

新鋭短歌シリーズとは

2011年1月、故笹井宏之さん(26歳で死去)の歌集『ひとさらい』『てんとろり』を発行したとき、
笹井さんが紡ぎ出す言葉の世界は、とても新鮮で、それまで短歌にそれほど興味も関心を持っていなかった人の心をもとらえました。
それは、年齢も性差も超えて、短い言葉の持つ大きな力を感じさせるものでした。
「ああ、みんな読みたいんだ」「言葉を発したいと思っているのだ」と感じたのです。

その思いが、若い歌人の歌集を世に出したいという思いにつながり、
加藤治郎さん、東直子さんの力をお借りして、新しいシリーズを生みだすこととなりました。

書肆侃侃房 田島安江

監修者より

ここに、「新鋭短歌シリーズ」がスタートする運びとなりました。

今、若い歌人たちは、どこにいるのでしょうか。どんな歌が詠まれているのでしょうか。
今、実に多くの若者が現代短歌に集まっています。
同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっています。
文学フリマのブースには、若者が溢れています。

そればかりではありません。伝統的な短歌結社も動き始めています。
現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにあります。

「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届けます。
若い歌人たちは、もう走り出しています。
ぜひ、一冊一冊、手に取ってください。
新鋭短歌シリーズを継走する者たちがきっと現れるでしょう。

加藤治郎

新人が第一歌集を出版するための手助けをしたいと加藤治郎さんから相談されたとき、なんてすてきなことだろうと思いました。
第一歌集は、その人の個性を打ち出し、今後すべての活動の礎となる大切な一冊です。

自ずと慎重になり、一歩を踏む出すのが難しいという人もいます。
私たちはその第一歩のために、これまで先達から学んだこと、自分なりに考えてきたことなどを伝えつつ、一人一人の個性に合わせて後押しをしています。
この人の作品を一冊の本としてまとめて読んでみたい。この時代を生きることに共鳴できるその歌を、必要としている人に届けたい。
心からそう思えた新人に直接声をかけ、作品や構成を一緒に吟味し、歌集をまとめました。

今回私たちの考えに賛同してくれた作者は、住んでいる場所や歌歴等も異なりますが、それぞれの「今」が短歌作品に凝縮していると思います。
じっくりとお目通しいただけると幸いです。

東 直子

ラインナップ